Session summary and rationale

Session organizers:  Erika Szymanski & Koichi Mikami

Best practices are an appealing idea—we all want what’s best—but they can come with unintended consequences. By assuming that what has worked well in one context should work well in another, best practices can erase difference when exported from one place to another. In this session we are interested in how we might develop practices for responsible research and innovation (RRI) between the UK and Japan, learning from each other while remaining sensitive to context. In the UK, RRI has been presented as a way of opening up conversations about the goals and shape of science and technology, but is more commonly presented as a narrowly framed set of issues to be checked off a list. Meanwhile, Japanese academics and policy makers are actively developing approaches to RRI and looking to Western contexts with more established programmes for models to adopt, thereby risking not only reproducing limited framings but also eliding contextual particularities. Here, we draw on our experiences in each country to generate ways of identifying, discussing and propagating “alternative practices” for RRI. Our cases span synthetic biology, molecular robotics, artificial intelligence, and molecular medicine. We aim to increase the visibility of RRI as an active and unsettled area of concern in need of continued reflection and elaboration, and to refresh the RRI conversation in light of tendencies to reduce RRI to narrowly framed institutional requirements.

ベストプラクティスは魅力的なアイデアであり、私たち全員が最善のものを求めていますが、意図しない結果をもたらす可能性があります。あるコンテキストでうまく機能したものが別のコンテキストでもうまく機能するはずだと想定することで、ベストプラクティスは、ある場所から別の場所にエクスポートするときに違いを消すことができます。このセッションでは、状況に敏感でありながら、お互いから学びながら、英国と日本の間の責任ある研究とイノベーション(RRI)の実践をどのように発展させることができるかに興味があります。英国では、RRIは、科学技術の目標と形についての会話を開く方法として提示されてきましたが、より一般的には、リストからチェックするための狭いフレームの問題のセットとして提示されます。一方、日本の学者や政策立案者は、RRIへのアプローチを積極的に開発し、モデルを採用するためのより確立されたプログラムを使用して西洋の文脈に目を向けています。ここでは、各国での経験を活用して、RRIの「代替プラクティス」を特定、議論、および普及する方法を生み出します。私たちの事例は、合成生物学、分子ロボット工学、人工知能、分子医学に及びます。私たちは、継続的な反省と精緻化を必要とする活発で未解決の懸念事項としてのRRIの可視性を高め、RRIを狭い範囲の制度的要件に引き下げる傾向に照らしてRRIの会話を更新することを目指しています。
Erika Szymanski

Erika Szymanski

Colorado State University

Koichi Mikami

Koichi Mikami

Keio University

Explore the others articles

Illustrations: Anaïs Moisy